sabakubakubakuの日記

発達障害児を育てる発達障害ワーキングマザーの日記

大人になった不登校児あるある

Facebookのプロフィールに書く出身校がないので、高校名や大学名の入力をうながす質問が表示される度にもやもやする。

 

途中から、大学に行っていない、的な選択肢が追加されたけど、なんとなくそれを選択するのに抵抗を感じるので、質問がいつまでも表示され続ける。

 

職場で学生時代の話が出た時に、選択科目は何にしたとか、大学入試は共通一次だったかセンター試験だったかといった話題で盛り上がると(トシがばれる)、ものすごく居心地が悪く、一刻も早く話題が変わってくれる事を心の中で祈り続ける(でも目立ちたくないので自分からは変えない)。

 

新聞などで「不登校」という言葉を見ると、「登校拒否」という言葉が一般的だった時の事を思い出して、時代が進歩したなあとしみじみしてしまう。

 

小学校低学年から不登校だったなどという年季の入った人の話を聞くと、筋金入りだとリスペクトを感じる(比較的短期間だったら大したことない、とかいったイミではないです)。

 

学歴ロンダリング目的で通信大学院やMBAの資格を取ることを真剣に検討したことがある(それが悪いとは思いません。トライしている人がいたら応援します)。

 

子どもの学校で心配事があるどうしようか悩む時に、いざとなったらフリースクールへ行かせれば良いと本気で思っている。

 

なんだか調子が悪くウツかと思って心療内科を受診したら、発達障害と診断された。ついでに家族もそうだと分かった。

 

うーん、他に何かないかな。