読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sabakubakubakuの日記

発達障害児を育てる発達障害ワーキングマザーの日記

私の仕事など

自分の仕事や経歴についてちょっと書いてみたくなった。私は今、そんなに大きくない外資系企業の経理責任者をやっている。一応マネジャーらしき役職で、経営会議的なミーティングにも出ている。このポジションに就いて数年経つし、前に勤めていた会社でも同じような事をしていて、昇進もしたから、どうやら何かの間違いでこの仕事を任せてもらえているという事では、恐らくなさそうだ、と思っている。

 

結構やりがいのある仕事で、裁量もあり、いろいろ試行錯誤する楽しみもある。自分の仕事をまあまあ気に入っているという事は、とてもありがたい事なんだろうと、これまで重なった幸運に感謝している。

 

今思えば、発達障害でいろいろロクデモナイ事をしてきた気がするし、今もまだそういった部分があると思うけど、発達障害というか非定型発達の特性のおかげで、うまくやってこれた部分も大きいと、改めて思う。

 

まず、運良く英語、会計、ITのスキルや知識と相性が良かった。英語については、正真正銘に中学英語しか(学校では)習ってないし、大学入試英語なるものを勉強したこともない。でも、何だか知らないけど、社内では留学してた人や帰国子女の次くらいに英語が話せる部類に入っている。英語がもともと好きだったというのもあるかも知れないけど、言語に才覚を現す自閉症傾向の特性が自分にあるのではないかと思う(自閉症傾向やサヴァン症候群気味の人で、何カ国語もの外国語を難なくマスターする人がよくいるという話を、どこかで見聞きした様な気がする)。

 

それから会計。経理の仕事は数を扱うパズルの様な部分があり、非常に面白い。外国語同様、数学も自閉症傾向と相性がいいらしい。また私は多分ちょっと違うけど、アスペルガーで細かい点にこだわりが強いタイプの人にも、数やデータを扱う仕事は多分向いている。ちょっとくらい変人で細かくて空気が読めなくても、経理職なら何となくそれもアリな気がする。

 

ITというかパソコンやシステムの仕事については、特に多くを説明する必要もないくらい、経理職以上に自閉症気味の人に向いた仕事だと思う。そして経理とITは切っても切り離せない仕事内容だ。

 

という訳で、私は運良く、一般的にも「三種の神器」と考えられている、英語、会計、ITと自分でもそうだと思えるくらい相性が良く、その全てが必要不可欠な仕事に就いて、毎日(基本的に)楽しく会社に行っている。

 

アスペルガー傾向のため、空気読めない人になって周囲から浮くこともあるし、ADDのせいで忘れものや勘違いが多かったりという事もあるけど、発達障害について自分なりに知識を蓄え、自己理解を常に深めようとしているためか、何がまずいか、どう方向修正したら良いかという事が、自然に浮かんでくる(自分でそう思っているだけかも知れませんが)。

 

また、コミュニケーション下手で人付き合いも不得意だし、気がつくとしょっちゅう社内でぼっちになっているけど、自閉症傾向の自覚があるからあまり気にならない(多少寂しくなったり、傷ついたと感じる時もあるけれど、基本わりと平気)。

 

時々、もし自分が子どもの頃に、親や教師など周囲の大人がもっと発達障害の特性を理解して配慮をしてくれていたらとか、いま息子が受けているような療育やソーシャルスキルトレーニングを受けることが出来ていたらとか、せめてトラウマで傷つく事なく、自己肯定感を持って育つことが出来ていたら、とか、もしも、もしも、という思いがいろいろ湧いてくる事がある。もっといい仕事に就いていたかもとか、誰が聞いても立派だと感じる学歴を手に入れて、躊躇なくFacebookのプロフィールを埋めていたかもとか、読者や受講者の立場で興味をそそられている脳科学や心理学の分野で、最先端の研究に参加出来ていたかも知れないとか、思いは尽きない。

 

でもいつも結論は、もし自分が今までと違う環境で育って、違う生き方をしてきたとしたら、たぶん今私が(だんなそっちのけで)可愛がっている息子を授かっている事はなかったし、あったかも知れない仮定の人生と息子を取り換えたいとは微塵も思わないので、これで良かったんだ、という事になる(仮定の人生プラス今の息子、という結果もあり得たかも知れないと思うと、若干ブルーになりますが)。

 

それに、普通に学校に行って、高校や大学に進学し、普通に就職活動していたら、おそらく発達障害にも気づかず、自分が自閉症気味などとは夢にも思わないまま大人になって、今以上に生きずらさを抱える事になっていたかも知れないと思う。多分。

 

だからやっぱり、今日も、これで良かったんだという結論になる。