読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sabakubakubakuの日記

発達障害児を育てる発達障害ワーキングマザーの日記

元気が出ないときは

時々無性に疲れを感じたり、元気が出ないときがある。そんな時はこんな感じでやり過ごすようにしています。

 

寝てしまう。息子の寝かしつけをしながら、9時くらいに寝てしまう。または、週末に好きな本を読みながら、ベッドでごろごろして、さらにビールを飲んだりポテトチップを食べたりしながら、寝てしまう。眠れないときは、心療内科でもらった薬を飲んで、寝てしまう。

 

瞑想をする。マインドフルネス瞑想や、インナーチャイルドのイメージワーク、フォーカシングなど、特に習ったりしたわけじゃないけど、本を読んだり、やってる人の話を聞いて参考にしたりして、いろいろ試したりしています。簡単なのは、瞑想入門的な薄い本に附属の、ヒーリングミュージック的な音楽とガイダンスが収録されているCDを聞きながらの瞑想。「息を吸って、吐いて、5回繰り返して」的なインストラクションが流れるので、そのまま従うだけ。寝る前にCDをかけて、そのまま途中で眠ってしまうことも。

 

好きな本、小説、漫画を読んで、夜更かしする。好きな映画、アニメ、ミュージカルなどのDVDを見る。余談になりますが、私は自制心が弱く、普段目に付く場所にこういった物が置いてあると、手に取ってしまわずにはいられない。だから、目に入らない場所に隠しておく。見えなくするだけである程度制御できるのだから、我ながら分かりやすい特性だと思う(視覚優位なんだなあ)。また漫画はや小説、アニメのDVDは、息抜きの間にも自動的に自分に負荷をかけるために、英語や中国語などの輸入版を家に置くようにしています。

 

オラクルカードを手に取ってながめてみる。私はスピリチュアル系のあれではないのですが、臨床心理士さんのカウンセリングルー厶でオラクルカードという物を知り、自分でもいくつか購入してみました。綺麗で優しい絵柄をながめ、何となく気になったカードを選んで、好きなように並べてみたり、書いてあるメッセージを手に取って読んでみたりしています。(私が持っているカードには)基本的にポジティブなメッセージしか書いていないので、安心して選ぶことができ、読むとほっとした気持ちになります。ちなみに私はオラクルカードも英語版を使う様にしてます。日常会話ではあまり見かけない単語が出てきたりして面白いです。

 

これもスピリチュアルではないつもりですが、天然石を眺めるのも好きです。少しずつ買い集めた水晶、おばあちゃんの形見の指輪にのっている宝石、台湾の友達がくれた翡翠の腕輪、などなど。光のあたる角度をかえてきらめく色合いや質感を眺めていると、没頭して見入ったりしてしまいます。あ、これってもしかして、自閉っ子が水面で輝く光ややキラキラする物に何故か惹かれる、あの現象なのかも。「感覚遊び」と関係あるのかな。

 

あとは、とりあえず会社に行って、溜まっているファイリングや交通費精算とか、面倒で後回しにしていた単純作業を片付けるとか。元気ないなりに、パワーセーブモードで何とか定時までやり過ごす。それでも駄目なときは病欠かな。午前半休するだけでも、結構そこそこ元気出るかも。

 

それでも無理なときは、会社を休んじゃう。平日に有給取ってスーパー銭湯に行くのが最高。もしくは家から一歩も出ないノー外出デーにするのも捨てがたい。計画的な有給でないと危険ですが、美容院に行ったり、新しい服を買いに行くのもいいかも。気分があがります。

 

最近はあまりないけど、重症な時はカウンセリングの予約を入れたり、心療内科で薬をもらったり。私にとってはどちらも、「心のマッサージ」みたいな感じです。あ、本当のマッサージに行くのもいいかも。