sabakubakubakuの日記

発達障害児を育てる発達障害ワーキングマザーの日記

アスペルガーの息子に勉強させたい

息子の特性や諸々を考えて個別支援級に入れることに決めて、1年経過した。小2に進級したが、親も学校も本人も誰も、一般級へ移動することなど念頭になく、今年も当然に支援級だ。

 

支援級でもまあまあそれなりに学年相当の勉強はしていなくもないし(一応1年生の漢字はだいたい全部覚えたらしい)、何より学校を嫌がらずに毎日登校している。学童渋りはしょっちゅうだが、学校しぶりは夏休み、冬休み明けでも、一度もなかった。自分が不登校をした身なので、息子が不登校になっても、まあ仕方ないかと思っているが、今はまだ低学年なので1人で家で過ごさせる訳にもいかないし、フリースペース等に毎日送迎するのも、正直おっくうだし、費用もかかりそうだ。しばらくは学校に通っていてくれた方がありがたい。

 

1年生の途中から算数などの授業に部分的に参加する「通級」を行う計画だったが、一般級のクラスの子の集団に入るのが怖いらしく、朝の会に時々顔を出すのがやっとだった。まあ、私だって週に1回よその会社の大きな会議に、勝手もわからないまま1人で参加しろと言われたら、嫌だもんなあ。2年生では少し授業に参加できるといいと思うが、やっぱり難しいかも知れない。取りあえず学校には行ってくれているから、多くは望まないようにしよう。

 

本人は6年生まで支援級にいると言っているが、本人の気が変わったり、環境を整えることができたりすれば、一般級に移ることを考えたいと思っている。その時のために、公文式の国語と算数を最近始めてみた。同じ学校の支援級の子も何人か通っており、すんなりスタート出来た、と思ったが、初めだけだった。すぐに宿題や通所を嫌がる様になり、行きたくない、行くなんて言わなければ良かったと言い出した。

 

宿題を家でやらせようと、終わったらタブレットで30分ゲームをしていい、宿題1日分が終わったらシール1枚、x枚たまったらxxを買う、などいろいろ考えたが、なかなか難しい。

 

ある時、家で宿題をするように言ったが全くやろうとしないので、お母さんも勉強すると言って、テーブルで中国語のテキストを開いて隣に座ってみた。それでも渋々ではあったが、何とか取りかかる姿勢になったので、算数からやらせることにした。

 

初めは全部のプリントを机の上に置いていたが、たくさんあると言ってげんなりしていたので、1枚だけテーブルに残し、あとは見えない場所に引っ込めた。終わった分はテーブルの上に重ねて置いておき、また次の1枚を取り出して続けさせた。すると今度は、終わってもまだあると文句を言い出したので、「あとx枚だよ」と声を掛けるようにした(声かけではなく、残り枚数が視覚的に分かるようにした方が良かったかも知れない。次はそうしよう)。そうして算数は何とか終わらせることが出来た。ただ公文のプリントを10枚弱やらせるだけで、何でこんなにうんざりしないといけないんだろう。

 

後は国語の書き取りと音読がある。まず音読をさせようと思ったが、黙読で済ませようとするので指摘すると、お母さんだって(中国語のテキストを)読んでないと文句を言う。それではと私も声に出してテキストを読んでみたら、息子もおとなしく自分のプリントを音読し始めた。取りあえず効果があったので、次もこの手を使ってみよう。

 

息子と一緒に公文のプリントをやっていて、自分も昔、書き取りや比較的易しい計算ドリルが大嫌いだったことを思い出した。ものすごくイライラして苦痛だった。書き取りはいつも乱雑に書き殴ってさっさと終わりにしていた記憶がある。中学の時の書写のテキストを、なぞるために印刷してある手本の薄い文字を丸無視してかなりキタナク終わらせ、担当だった教頭先生に唖然とされた事を思い出した。

 

ちょうど自分が、少しややこしい仕事があるとうんざりして先延ばしにしてしまうことや、信号や電車などちょっとした待ち時間に耐え難いイライラを感じる場面を思い出した。おそらく息子も私たちと同じように、書き取りや単純なドリルがたまらなくストレスに感じられるのかも知れない。

 

もし息子の公文のプリントに対する感覚が私と同じなら、逆に私が自分に有効だと思っているやる気スイッチも、効果があるのかも知れない。プレッシャー(締め切り、チカラのある人からの叱責、クイズ形式など)、適度な難易度、気が散る物の排除、とかかなあ。

 

取りあえず、私が息子を公文に通わせる目的は、算数や国語が、一般級でもそこそこ困らない程度に出来るようになることで、決められた分量の宿題を、毎日キレイに全部こなすことではないのだから(自律的にそうしてくれれば何よりだが)、公文のシステムを通じて、息子のやる気スイッチの入れ方を、少し探ってみよう。そしてそれは多分、自分の仕事のパフォーマンス向上にも使えるかも知れない。何となくそんな気がする。