sabakubakubakuの日記

発達障害児を育てる発達障害ワーキングマザーの日記

イライラの対応策を夢で見た

月曜日に、なぜ息子も自分もこんなにイライラしているのかについて考えるエントリを書いた後、その夜その答えがすっと胸に収まるような夢を見た。何かの啓示のようなヒントを得た様に感じたのだが、そのような印象だけを残して消えてしまった。何かについて、何故なんだろう、理解したい、と強く念じていると、答えを示すような夢を見て、気持ちが軽くなったような気持ちになる事がよくある。本当に、ヒトの脳って面白い。

 

夢の内容は忘れてしまったけれど、取りあえず、息子がイライラしているのは不安や緊張の現れで、自分がイライラしているのは「これはこうなってこうなるべき」なのにそうならない事(べき論へのこだわり)へのフラストレーション、なのではないかと思った。

 

また私にも息子にも共通している事として、「待たされる、時間が掛かる」事が耐えがたいストレスに感じられる、というイライラがある様だ(計算ドリル、書き取りが苦痛、というのも多分これ)。

 

更に、私のイライラは、息子の不安や緊張を増幅させてしまう気がする。すぐそばに何だか怒ってるっぽい人がずっといたら、誰だって緊張する。また息子は不安が強く、私には「些細なこと」と思える事が、息子にとっては大きな壁に感じられる(これも認知の違いなんだと思う)みたいなので、尚更だろう。

 

これらは全て推測でしかないけれど、そうだと仮定すると、こうすれば上手くいくかも知れないという方向がぼんやり見えてくる、ような気がする。

 

まず、私のイライラを抑える。ペアレンティングの講座で、子どもが自分で怒りを抑えて感情をコントロールする方法を習い、私も息子に教えようとしたけれど、上手くいかなかった。息子はまだ小さいし、まず私がやった方が良さそうだ。マインドフルネス瞑想やセルフモニタリングもきっと役に立つ。

 

それから視覚支援。時間が掛かって待たされる、退屈な書き取りがいつまで続くのか分からずうんざりする、という事だとしたら、見通しがつく様にしたら良いかも知れない。また、なぜ単純な計算ドリルを繰り返しやるのか、薄く印刷された文字を何度もなぞるのか、それをすると自分にとってどんな良い事があるのかという事を分かりやすく伝えられたら良いかも知れない(字が上手に書けるとお兄さんっぽく見える、計算が素早く出来るとカッコイイ、とか)。

 

ただ、どこかで、ADHDがある場合は繰り返しコツコツやる勉強より、クイズ形式などでプレッシャーを感じる方がモチベーションが上がる場合があると目にした事がある気がするので、そちらの方向でも動機づけを試してみよう。私も子どもの時そんな感じだったし、今でも締め切り間際になった方が仕事に集中できる。本番に強いという訳ではないが、やらざるを得ない状況下の方が、やる気スイッチが入る(仕事の場合はクオリティが下がるという問題があるが、それはまた別途検討)。

 

それから、切り替えが下手という問題もある。勉強を始めるまでのエンジンがなかなか掛からない。ただし1度始めれば集中出来る場合もあるので(課題の内容による)、取り組みやすい状況(勉強机を用意して、机の上や周りに何も置かない)と、誘い水を用意したら(すぐ宿題を始められるように、プリントと鉛筆を出しておく)、上手くいくかも知れない。環境調整という事だろうか。

 

あとは不安の軽減だけど、これは認知行動療法が有効そうだと聞いたので、相談できる専門家を探してみようと思う。

 

取りあえず、上記を試して上手くいかなかったら、また違う手を考えることにしよう。